刈谷医師会では平成27年4月1日から会員医師による「在宅医療推進委員会」を設置して、刈谷市、知立市、高浜市と協調しながら、、在宅医療提供体制の構築、並びにその充実について検討を重ねています。具体的な取り組みとしては、在宅医療に参入する診療所の医師を対象とした在宅医療導入研修や、医療・介護の多職種を対象に、医師と連携を深める交流会等を企画運営しています。


在宅医療は、これからの超高齢社会における地域包括ケアシステムの要となるもので、医師を中心とした医療系サービスと、これまで介護保険で実施されてきた各種サービスが連携をさらに図り、ご家庭で暮らし続ける患者のみなさんに一貫したケアを安心して受けられるようにするためにとても重要なものです。

かかりつけ医を持ちましょう

「かかりつけ医」とは
日ごろから患者さんの体質や病歴、健康状態を把握してくれる、地域の身近な診療所(お医者さん)です。家族みんなの健康管理を「かかりつけ医」と一緒になってできると安心です。
 また、介護保険の要介護認定の申請をする時には主治医の意見書が必要となりますが、普段から「かかりつけ医」を持つようにして、いざという時に慌てないようにしましょう。

 現在、刈谷医師会では在宅医療を進めるため、刈谷医師会在宅医療推進委員会で検討を行っています。

◎あなたのまちの診療所は、このホームページの「医療機関案内」欄をクリックしてみてください。
「在宅医療に関する相談窓口」
 
 平成30年4月1日から、在宅医療に関する相談窓口は刈谷豊田総合病院内に設置された『刈谷・知立・高浜在宅医療・介護連携センター』に変更になりました。
 
 在宅医療に関するお困りの事があればまずは電話でお気軽にご相談ください。
 患者・ご家族だけでなく医療・介護従事者の方の相談も受け付けています。




ご連絡先

『刈谷・知立・高浜在宅医療・介護連携支援センター
TEL 0566-25-8098




トップ アイコントップページへもどる